少し、更新に間が空きました。

なぜなら、またまた資金が減ったからです。

負けた時のブログ更新はかなりヤル気が無くなります。

なので、ついつい、

別に仕事じゃないし。。。



とか、まぁ、取り返して復活してから更新すればいっか。。

とか考えたりもしました。



でも考え直しました。



負けてどんどん貧乏になっていくのもまたエンターテインメントなのではないかと。

ドン勝ちしてドヤ顔もしてみたいのですが、カリスマトレーダーになったらそれでも読んでくれる人はいるかもしれませんが、駆け出しトレーダーがドヤ顔してもねぇ。。。

という訳で、今回も順調に負けてますよ!

しかーし!


この数日間、ただ負けていた訳ではありません。

ずっとクリアできなかった問題がクリア出来たかもしれません。



それは、

取引時間帯に間に合うようにチャートの前に座る


です。


これまで何度か書いてきましたが、NY時間の前半にトレンド形成される事が多々あり、それを取り逃してしまっていました。

更に、大きく動いたチャンスを取り逃した事で、その後のトレードに焦りが出て本来入りたかったところよりも期待値が低かったり、リスクリワードが悪い所でも入ってしまっていました。

それでも、チキン利食いなら何とかプラスにする事も出来ましたが、それを続けていてもなかなか資金は増えません。

欧州時間は仕事の都合で出来ない日もありますが、それは仕方ないとして、夜9時にチャートの前に座るというのが生活スタイルや家族の時間などの関係でなかなかトレード最優先には出来ないという難しい状況でした。

それが、今回、解決できそうです。

その方法は・・・

NASDAQ


です。

以前、少しだけNSDQを触った事がありました。

と言うか、5万円チャレンジの初日にNSDQで少し大きめに利確をした事がありました。

その時は値動きが荒く、かなりビビりまくって一応利確は出来たものの、もうちょっと安全にやらなければと、あまり触っていませんでした。

その後、負けを取り返そうと何度かNSDQを触り、遂にはムキになって大損をし、その日のうちにNSDQのチャートをPC画面から削除しました。

しかし、ある事に気がついたのです。

それは、

NSDQのボラが拡がるのは10時過ぎ


という事です。

正確にはここ最近では夜10:30に何らかの動きを見せる事が多く、一気にティックが激しく動きます。

以前は、ユーロドルなどと同じノリでエントリーしていたのでNSDQの値動きと値幅に驚き、その激しさに怖くなっていましたが、このNSDQの取引時間帯は私のトレードが出来る時間とトレードスタイルに実は合っているのではないかと思うようになり、数日間検証してみました。

すると、NSDQには色々と私にとって都合のいい特徴がある事が分かりました。

それは、

・狙い目の時間帯は22時から25時。
・為替とは違うCFD特有の値動きをする。
・ボラがデカい分、ロットを下げる事で分割エントリーが出来る。
・為替で使えるテクニカルインジはあまり役に立たず、MAと水平線だけを目安にするシンプルなスタイル
・動く時は25時以降も動く

私は今、及川式を勉強中です。

基本中の基本はこの及川式に沿っていますが、NSDQはそのまま当てはめてもあまり手法が効いてくれません。

しかし、これまでの自分のトレードを見返してみると、経験を積めば積むほどあまり手を出さない指標取引が自分では結構得意だったりします。

ここ最近は負け知らずです。

しかし、指標取引は時間帯もバラバラで毎日ある訳でもありません。

そこでNASDAQです。


NSDQはボラが大きく、溜めたエネルギーをタイミングを見計らって一気に放出するのでまるで指標トレードのようです。

そしてそれはほぼ毎日起きます。

このチャートをご覧ください。



この縦長い青い色の部分。

これが、夜9時から深夜1時までのNSDQチャートを色分けした部分です。

日本と欧州に比べて明らかにNYの時間に本気出しているのが分かると思います。

これを乗りこなすことが出来ればLOTは今までと同じ、もしくは今までよりも少し下げてでも、伸びる時は一気に利益を伸ばせます。

まぁ、うまく行けばと言う話ではあるのですが、じつは、現在の資金37,000円台。

これは、NSDQを触り始めて約2日で1万円近く取り戻した結果のこの数字なのです。

そうです。一時は27,000円台まで資金を減らしました。

ここ数日、リオンちゃんの動画も見返してみましたが、結局じっくり数時間待って利を伸ばすという手法は、やれればその通りになる事もあるのですが、どうしても自分の時間感覚だと、そこまで待てません。


せっかく利益が乗ったのにそれを失うかもしれないと思うとその間、何も手につかなくなってしまいます。

まさにプロスペクト理論どおりの人間です。


かと言って及川さんのように今の5倍程のLOTを張って今と同じようなトレードが出来るかと言うとこれもムリでした。チキン利食い&損切り貧乏の連続でした。


それを、克服できるかもしれません。


NSDQは自分なりにもっともっと研究しなければいけないことが沢山ありますが、まずは、チャートを見続ける事でNSDQのクセや性格に慣れることからやっています。

為替と違ってあまり通貨との相関がないので、色んなチャートを開く必要もありません。

更に、伸びる時は恐ろしいほど伸びるので上手くトレンドに乗れたときには一気に利益が伸ばせます。

逆もあるので、ロスカットルールは死ぬ気で守らなければなりません。



色んな手法を使ってきて、色んなインジを使ってきて、

色んな人のトレードを参考にしてみて、今、自分の環境と性格に一番合ったトレードが見つかったかもしれません。

ここから結果がどう動いていくのかどうぞお楽しみに。


明日、全てを失っていたりして・・・。



24日目の残高

37,724円
-1,733円
-4.3%

~今日のトレードの反省と気付き~

10人いれば10通りのトレードスタイルがある。

結果を出している人がその人の手法やチャートの見方、エントリーポイントなどを解説してくれている動画や記事は沢山あるが、みんなそれぞれ考え方が少しずつ違う。

それはトレードスタイルとも言えるが、そのスタイルは千差万別だ。

取引出来る時間帯も違えば、持っている資金の量も違う。

心地いいレバレッジも違うし、順バリ逆バリもそれぞれ。

更に、気長に待てる人、全然待てない人。

好きな通貨ペアなんてのもあったりする。

それゆえ、誰かのミラートレードをしたり、誰かの手法をそのまま全部真似しようとしても

自分に合っていなければ苦痛は伴うが、結果は伴わないという踏んだり蹴ったりな事になる。

とは言え、及川式を学ぶようになって、基本のところは以前より確実に押さえられているし、

とんでもない所でエントリーする事も少なくなった。

理解した上で損失を出すことと、理解せず間違ったトレードで損失を出すのでは全く違う。

ナスダックは独自のスタイルが必要になるが、基本を踏まえた独自スタイルなら訓練する価値はある。

と、思う。



現在は海外FX口座AxioryでNSDQをトレードしていますが、だいたいスプレッドは1.5pips。

更に、ナノスプレッド口座にもかかわらず、取引手数料はゼロ。

つまり、スプレッドのみ。



この条件もかなり有利な状況です。

ちなみに、今後NSDQで結果が出続けた場合、国内FX口座でもNSDQをやりたいのですが、

国内FX口座でNSDQが取引出来て一番条件のいい証券会社はどこか知りませんか?

おススメがあれば教えてください。


AxioryならMT4でプロコン改が使えるので、まずはプロコン改が買えるように資金を増やして行きたいです。



NASDAQは値動きが早いので、プロコン改で一瞬で決済できたらかなり取りこぼしがなく有利にトレード出来そうです。


By amaneFX

兼業FXトレーダーの成長日記。 twitter @あまねFX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA