今日は、日中FXを触る時間があったので久々に欧州でポンドドルをやってみました。

同時にポンド円も入ったのですが、やはりなんだかポンドドルの方がチャート的に優位に見えて

ポンドドルのショートをしました。

振り返って出来上がったチャートを見ると、どこで入っても結局ショートで獲れていたという分かりやすい日でした。

特にNYに入ってからの下げが大きく、ここまで放置していても良かったかもしれません。

ポジションも大きくなかったので、夜まで放置していたらまぁまぁの利益になっていましたね。


今後は、そういうトレードもしていければいいなぁと思います。


特に、最近思うのはナスダックで獲れるようになってくると、ポンド円、ポンドドルの値動きがとても素直で読みやすく感じるのです。

重いバットで素振りしてたら普通のバットが軽くなるみたいな?


違うか。


ともあれ、引き続き自分に課したルールを守れなければ即死亡。くらいの気持ちで淡々とトレードをしています。




こうなって・・・

って、またここでも、あとちょっとで3万っていうね・・・。

悪魔がね・・・。


って、結局悪魔は何円でもいいんだな。

こっちが勝手に、キリ番を意識しちゃうだけで。。




はい!3万復活!




キリ番を意識しなかったおかげでこんな感じです。

今晩はパウエルさんのお話がありますねぇ。

明日のFOMCに向けて多少動くかもしれませんが、


最近、ナスダックが調子いいので、ムリに変な時間に指標トレードしなくてもいいかな~なんて思っています。


時間帯は大事!



これは及川さんのトレードを学ぶようになってから、ここ最近、本当に感じている事です。

時間帯大事!!



大事な事なので2回言いました。

自分に向かって。


そう言えば、先日から何度か言及している海外FX口座のスプ狩り事件。

補填されたからと言っていい業者とは全くなりませんが、もっとヤバい業者いました。

なんと、この某海外FX業者より更にえげつないスプレッドで根こそぎごっそり刈り取っておいて損失補填ゼロ。

絶対に補填しません!と。

ちなみにこれ、国内FX口座なんですよ。

国内って事はですね、ゼロカットシステムがないんですよ。

証拠金がマイナスになった時はご存知の

追証



が発生するわけです。

朝方眠い目を擦りながらチャートを確認したら、持ち越したポジションがロスカットされているどころか口座残高がマイナス表記になっていて証拠金を追加で入金してくれと催促される。。。

こんな事が実際に起きているようです。

国内FX口座は金融庁の認可が下りてるからと言って法律を武器にやりたい放題です。

どちらが絶対いいとかどちらが絶対ダメとかは言えませんが、少なくとも、今回の件で上記の国内FX口座だけは絶対に避けようと思いました。

これがどこかは、Twitterで検索すればすぐ出てきます。

「ゴールド、スプレッド狩り」とかで。多分。



ちなみに私が現在使用していて今のところとてもサポート対応もよく、不穏な値動きもない信頼できている海外FX証券会社Axiory(アキシオリ―)のリンク。





こちらは、日本人FXトレーダーの中で定評があり、おそらく一番人気のXM。もしここで口座開設するならゼロスプレッド口座が必須。手数料がかかりますが、勝ちたいならゼロスプ一択。


そして最後に、億トレーダー目指すなら絶対必須ツールのプロコン改
これがあると何がそんなにいいのか。リンク先のページで詳しく解説してくれています。
私は、まずは、これを買えるようになるところが一つの目標になりつつあります。

By amaneFX

兼業FXトレーダーの成長日記。 twitter @あまねFX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA