前回の記事でユーロ円が下げ続け掴まっていると書きました。

10月29日の記事

その後更に下値を試し最大-200pips以上下げました。私の含み損も-10万円まで行きました。が、そこで下げ止まり、一昨日と昨日、一気に吹き上がり無事利確できました。

2020.11.11 EUR/JPY 4時間足

今回は下げていくところを獲っていればスワップも獲れて逃げ時も分かりやすくかなり大きく獲れたはずでしたが、なぜかロングで入っていたんですよね。

なんででしょうね。

結果として、資金管理が出来ていたおかげで-200pipsにも耐えられその後一気に吹き上げたタイミングでワンチャンスをモノにする事ができましたが、下げ止まるまでは長い戦いでしたし、予想はことごとく外れ、行くところまで行ってから反発しました。

出来れば最初から予測を当てられれば下げも上げも両方獲れたわけですし、あとから見れば難しくないようにも見えます。要は一番売りたくない所で売ったとしたら大正解だったという事になります。

次のエントリーで気を付ける所、今回の失敗(結果として利確しましたが)の反省点をまとめて、次回のエントリー前のチェック項目を作りたいと思います。

①高いところで売る、安いところで買うを心掛ける
②スワップがプラスの通貨のみエントリーする
③ポジション比率はMAXになったところしか信用しない
④トトロの形もチェックする
⑤あまりかけ離れた時間軸は参考にしない(5分足なら1時間足まで)
⑥エントリーする時間足のトレンドに乗る(逆バリはしない)
⑦ギザギザスティックのスティックを狙う
⑧通貨は絞る

これらはこれまで私の投資手法の一覧でもあり、せっかく見つけた手法なのに守れずにエントリーするのはもったいない事です。

上記の一覧はプリントして壁に貼っておきたいくらいです。

LINE証券

数百円から数千円で株取引が出来るLINE証券。

子供に投資のあれこれを教えるのに最適。少額取引ができる株の証券会社は各社増えてきましたが、買う時の手数料が無料なのはLINE証券だけ。

小額をちょっとずつお小遣いから買い増していくという手法が想定される小額投資。買う時にその都度手数料がかかってしまうと5回同じ銘柄を買ったら5回分の買い手数料がかかってしまいます。そうならないのが最大のメリットのLINE証券。少額投資を始めようとしているユーザー層の事をよく考えたシステムなのです。

By amaneFX

兼業FXトレーダーの成長日記。 twitter @あまねFX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA