先日の大含み損はロスカットしました。
その後の動きを見ていたら、カットしてからやはり全戻ししていました。
こういうのは、気にしてはいけないと分かっていてもやはり尾を引くものです。
取り敢えず、少しトレードを休んでからまた検証などをしながらトレードしています。

大損すると、負けない方法を探すエネルギーが普段より強くなり、結果、ひょっとしてこれやったら負けトレードにエントリーしなくて済むんじゃないの?
という仮説法則を見つけたりします。

それの検証をリアルマネーでやっているのですが、今のところ悪くないです。
先日の連続ロスカットで先月の利益がほぼ吹き飛びましたが、この検証でちょっとずつ回復してきています。

そんな中でちょっとしたコツを意識しています。
手法と言うほど大したものではなく、多くのトレーダーが既に知っている事でしょうが、自分の中では結構意識してトレードすると勝った時の値幅を取るのに役に立っているので、ご紹介します。

これを意識してチャートを見ると、近く訪れるエントリーポイントを期待大で待ち望むことが出来ます。
そして、どの時間足でもどの通貨でも出現するので得意なトレードに落とし込むことが出来ます。その名も

ギザギザスティック

です。

簡単です。パッと見で分かります。トレンドやレンジを作るチャートの動きにはパターンがありますよでね。その中の一つがこのギザギザスティック。

こんな感じです。

ギザギザ~の後は比較的まっすぐ短時間で反転します。

こちらも同じです。

ギザギザスティックには特徴があります。

・ギザギザが長いほどスティックが出やすい
・ギザギザが長いほどスティックも長くなりやすい
・ギザギザの方がスティックよりも長くなりやすい
・ギザギザの後にギザギザが来ることもある

こんなところです。

相場に100%こうなるという法則はありません。
しかし、ギザギザが長く続いているとワクワクします。
急反発のチャンスは近いと。

By amaneFX

兼業FXトレーダーの成長日記。 twitter @あまねFX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA