コロナショック物語①

ドルカナダでしっかり利確

少し、更新に間が空きましたが、理由は今起きているコロナウィルスのクラッシュ相場、コロナショックです。

私の身に何が起きたかを実録で記していきたいと思います。

前回の更新後、しばらくはちまちま線を引き予想を立て、相場の需給バランスなどを見て取引しておりました。

初めはそこそこうまくいっておりました。

最初にやったのはドルカナダUSDCADのショートでした。

ここの上昇の際、ポジションバランスの面でそろそろ本格的な下げ相場が近いと分析した結果、打診買いでロングしました。

ここで1つ目の間違い。

値頃感だけの判断でチャートパターンを無視してしまった。
まだ天井ではなかった。

個人投資家の売りポジションが高まっている時は確かに下落に転じる可能性があるが、バイイングクライマックスが来る確率はかなり高い。だから、チャートパターン4時間足で反転のテクニカルサインが出るまではトレンド転換目線は控える事。

ただ、この時、ドル円と共に急騰後一気に全戻しをしたので、結果的に分割エントリーで勝利を収めました。

この時のミスがミスとして処理されなかったわけです。

つまり、もう一度同じことをこの後することになります。

きっかけはアメリカの雇用統計でした。

この後、貴重な経験をすることになりますが、それでもGEMFOREXはちゃんと仕事をしてくれました。

有事の時に頼れる証券会社でした。

具体的にはこれから記していきます。

とりあえず、こんな歴史的な大相場でもトラブルなく稼働した数少ない証券会社です。

GEMFOREX 公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA