ドル円急落ようやくプラ転

ちょっと逆バリ・・・

先日、急騰していたドル円を見て、そろそろ反転するだろう・・・と軽い気持ちで売りで入ったところ、一気に112円まで踏み上げられそのまま塩漬けに。

あっという間の出来事でした。

ネットでは億トレーダーの方が数千万のマイナスポジションを一瞬で作っていたり、為替界隈があの日騒然となりました。

翌日のTVニュースで1ドル112円…とあっさり報道していたのが、前夜大騒ぎしていたFX業界との温度差を感じましたね。

今回も建玉操作により分割エントリーを合計4回。

ロット管理的には10回くらいは分割エントリーできる計算で入っていたので、基本的にはロスカットは設けず、しばらく静観していました。

幸いGEMFOREXはドル円に関してはロングでもショートでもプラスのスワップ金利が付くので長期戦でもどんと来い!の気持ちで放置していました。

そして週明け、じりじりと下げて来て一番上のポジションがプラ転し、そのままさらに放置していたところ、本日(25日0:00頃)一瞬ググッと下げたので、一部マイナスでの決済にはなりましたが、全ポジション決済しました。

こんな感じです。

ドル円の急落の直前、ポンド円も本質トレード的に売り方向に圧力があったので、サクッと利確しています。もうちょっと分析して勝てそうなら再度押し目で売りたいと思います。

あと、上記にもありますが、いよいよユーロドル(EURUSD)が底打ちをしたかもしれません。

新たに追加したトレードルールで「逆バリはしない」を設定したので、このユーロドルは底打ちを確認してそこからひとまずレンジに入り上昇に転じるまでは本腰を入れるつもりはありませんが、ここでいうレンジ抜けは早ければ3日くらい。

つまり、今から最少ロットでロング目線を押さえておくと、大底で買えるかもしれませんね。

実際大底で買うという事をあまり狙うべきではないとカニトレーダーのカニさんもおっしゃっていましたね。

そうだと思います。

大底なんて取ろうと思って獲れるものではないと思っています。

逆バリや大底狙いはコツコツドカンのドカンに繋がる魔の入り口なんですよね。

とは言え、現時点での狙える通貨は2つ。

本質トレードトレンド予想

トレンド予測は先出しトレードにも繋がるものなので、今後積極的に出していきたいと思います。

一番はユーロドル(EURUSD)のロング。

期間は3日~1週間。スキャで入るにしてもロング方向で狙っていればコツコツドカンは防げるでしょう。皆様の独自の手法で狙って行けば獲れると思います。

2番目はポンド円(GBPJPY)のショート。

期間は2日くらい。その後は再度ポジション比率などを見ながら投機筋のパワーバランスとオープンポジションを見ながら判断となります。

この見えないシナリオをあらゆる手掛かりとイマジネーションを駆使してできるだけ正確に組み立てる事で、狩られる側から狩る側にスタンスを移すことができる、それが私が今構築中の本質トレードです。

なんかもっといい名前をつけたい。。

ちなみに、ドル円はもっと長く保有しても良かったとは思いますが、そもそも予測の範囲外に動き担がれてしまったトレードなので、欲を出して損切りするはずのポジションで利益を伸ばすなんて事は長いトレード人生の中で繰り返してはいけないパターンなので、長い目で見て負けトレードのはずがむしろ勝てたという流れの方が今後の負けを減らす確率は上がると考えて、一旦全ポジションを決済しました。

再度分析検討して最高のエントリーポイントを見つけたら改めて淡々と取引していきたいと思います。

今回も縦玉操作のおかげで安易な逆バリで担がれましたが精神的には至ってフラットに対処できました。

引き続き本質トレードでプラスの実績を先出しでレポートしていきたいと思いますので、もし、一緒に上達していきたいと思われた方はもしよければ下記からGEMFOREX口座を開設してみてください。

同じトレード環境で一緒に頑張りましょう!

GEMFOREX 公式サイト

By amaneFX

兼業FXトレーダーの成長日記。 twitter @あまねFX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA