ドル円ショート

先日買いで入ったユーロドルEURUSDですが、じりじり下げた後で今朝急騰して一気にプラ転したので一旦逃げました。

代わりにドル円売りで捕まってしまいました。。

上記のトレード履歴が全てです。EURUSDを全部足してもらえれば微益で逃げているのが分かると思います。

本来まだ結局はロングで狙っていきたいので持続でいいのですが、それでも一旦逃げたのは理由があります。それは

ルールを破ってしまったから。

私は自分に課したトレードルールがいくつかあるのですが、そのうちの一つに

エントリーしたら取引通貨は1つに絞る

と言うのがあります。

昨日、ユーロドルがなかなか動かない横でドル円が大爆発しているのを指をくわえてみていたのですが、あの上げ方を見ていたらどうしても我慢できず、最少ロットでドル円ショートエントリーしてしまいました。

その後どうなったかは皆様ご存知の通り。

ドル円ショートの惨劇

ルールを破ってつまみ食いのつもりのドル円ショートがまさかの担がれてしまいました。

一度ルールを破ると自制が効かなくなるもので一緒になって下げ始めたポンドドルGBPUSDにまで手を出しました。

ただ、これはドル円の爆上げと共に爆下げしたのでコチラはトレンドに乗って売ったので危なげなくトレールしながら利確できました。

という訳で現在は通貨ペアはドル円に絞る事が出来ました。

上記の点線3本がショートのポジションです。

今見れば普通に考えてこの3本はロングで入るべきでした。

なんでなんでしょう?後から見るとロングで入って当たり前の場所でショートで入っている。

もっと言うと、最初からドル円を狙っていたならピンクのラインを上抜けたピンクの矢印の所。

ここで買いエントリーしていたと思います。

自分の買い根拠が揃ったココ。

ここで買いを入れていて当然のポイント。

もしそうしていたら⇩マークの所で利確していたと思います。

不思議だ。

なぜ私は売りで入っているのでしょう?

しかもナンピンも入れて3本も。

縦玉操作の本領発揮

とは言え、私のトレード手法は本質トレード縦玉操作ですので、

この時のエントリーLotは予定ロットの1/10です。

それを3回に分けてナンピンしているのがこのポジションです。

まだあと7回ナンピン入れられる位の余裕がありますので、

このポジションしばらく持ちます。

更にもう一回くらいナンピンするかもしれません。

その場合のトレードルールは、

①114円近辺
②短期的にでも下げシグナルが出る事
③ローソクが確定してから

もしそこまで上げて行かないとなると高値圏で1週間くらいはレンジになる可能性が高くレンジで売り玉を消化したら上昇トレンド継続する流れも容易に見えているので中途半端な位置でナンピンは入れません。

今度こそ今回の失敗を繰り返さない為にルールを守ってトレードをするようにします。

あと、もう一つトレードルールを増やします。

逆バリはしない。

ちなみにGEMFOREXで取引していると、このUSDJPYはプラスのスワップポイントが付いています。

GEMFOREXはドル円は売りも買いもプラススワップポイントが付くんです。

なので、あまりそわそわせず、一旦上げトレンドが終わりのサインが見えるまでは様子見をしようと思います。

GEMFOREX 無料口座開設はこちら

その横でまた魅力的な通貨ペアが出てきたらどうしよう。

ユーロドルEURUSDはやはりロングで狙いたいなぁ。

By amaneFX

兼業FXトレーダーの成長日記。 twitter @あまねFX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA